クレジット決済を導入するべき業態・導入するメリットをまとめました

クレジット決済は、現金払いの次に人気の高い決済方法です。

どのような業種にも合いますが、特に以下のような要望を持つ企業やお店におすすめです。

  • リスクを避けて高額商品を売りたい
  • 費用をかけず客単価アップを狙いたい
  • 外国人利用者にも対応したい

分割やボーナス払いが利用できるうえ、大手ブランドであれば海外発行カードによる支払いにも対応できるクレジット決済は、誰でも手軽に高額商品を購入することができます。

お金をかけて特別なキャンペーンを打ち出さずとも、客単価アップにつながるのは大きなメリットです。

ただし注意点もあるため、クレジット決済の導入を検討している方は、この記事でご紹介するメリット・デメリットもぜひ参考にしてください。

決済代行サービスランキング

クレジット決済を使った際のメリットとは

通販などで最も多く利用されている決済方法が、クレジットカードによる支払いです。

実店舗でもネットショップでも活用でき、誰でも都度の審査なしで高額商品を月賦払いできるクレジット決済は、売り手としても以下のようなメリットがあります。

  • 購入離脱を避けられる
  • 即座に決済完了できる
  • 外貨にも対応できる
  • 未回収リスクが低い
  • 客単価アップを狙える

通販で最も多く利用されているクレジット決済を導入することで、必然的に多くの潜在顧客をつかむことにつながります。

近年はクレジットカードを持たない層でもカードと同様の支払いができるデビットカードも普及しており、更にターゲットが幅広くなりました。

代引きや前払いのような面倒もなく、ユーザーが注文と同時に決済手続きを行うため、即時に決済完了できます。

また、VISAなど世界各国で利用されているブランドであれば、海外企業が発行したカードによる支払いにも対応可能です。

更に決済代行サービス会社の中には、海外銀行を取引先に持ち、現地の通貨で支払い対応ができるカード決済サービスも存在します。

売上金自体は日本円に換算して支払われるため、海外からの注文にも柔軟に対応できるでしょう。

クレジット決済による売上金は、各カード会社が責任を持って支払ってくれます。

仮にユーザーが支払い不可となってもカード会社側が対応すべき問題であり、お店側には何の落ち度もないため、未回収リスクを気にする必要がありません。

カード会社の分割払いを利用して高額商品を購入するユーザーの増加や、客単価アップも期待できます。

クレジット決済を使うことによるデメリットはある?

買い手にとっても売り手にとってもメリットの多いクレジット決済ですが、リアルタイム決済ゆえにトラブルが起こった場合の対処が面倒な場合も少なくありません。

盗難や不正利用などの問題には、盗まれたカードで支払われる可能性のある売り手側も注意すべきです。

クジレット決済の導入時は、以下にあげるデメリットを把握したうえで契約する決済代行サービス会社を選びましょう。

  • キャンセル・返金の手続きが複雑
  • 不正利用のリスクがある
  • 導入にはカード会社の審査がある
  • 決済代行サービス会社ごとに対応ブランドが異なる
  • 現金払い派のユーザーの足が遠退きやすい

即時完了するクレジット決済による支払いですが、ユーザーは購入をキャンセルすることができます。

キャンセルや返金に関する手続きは複雑なカード会社が多く、利用する決済代行サービス会社によって売り手側が支払う返金手数料も異なります。

問題なく販売できたと思っても、後日それが不正利用による購入だと分かれば、売上がすべて自社負担とされるリスクもあります。

また、クレジット決済の利用自体は簡単ですが、導入するには各クレジットカード会社の審査に通過しなければなりません。

事業規模や売上実績、業態を理由に審査通過が難しくなる場合もあるため、審査申し込み前に書類作成などでアドバイスをくれる決済代行サービス会社を選びましょう。

ただし、契約する決済代行サービス会社によって、取り扱いカードブランドが異なる点には要注意です。

日本では現金派やカード払い以外のキャッシュレス決済を望む層も多く、それらのユーザーによる購入離脱のデメリットも考慮する必要があります。

クレジット決済に限定せず、その他の決済方法も併用すると、ユーザーの取りこぼしを防げます。

クレジット決済を導入したほうがいいのは客層が幅広いお店

数ある決済方法の中には、コンビニ決済や銀行振込のように通販向けのサービスもありますが、クレジット決済は実店舗とオンラインの両方に対応できる決済方法です。

海外利用や分割払いなどユーザーのあらゆる要望に応えてくれるため、業態・業種問わず導入するメリットがあります。

あえてあげるとすれば、たとえば以下のように客層が幅広い(想定される要望が多い)企業・お店への導入がおすすめです。

  • 旅行者の利用が多い飲食店
  • 国内外で人気の和洋菓子店
  • 高額商品も多い量販店
  • 海外発送可能のECショップ
  • 予約商品も取り扱うECショップ

日本人・外国人のいずれも、旅行者は現金を大量に持ち歩くことを嫌がる傾向にあります。

旅行者の多い地域では、現金の持ち合わせを気にする必要なく楽しめる飲食店が喜ばれます。

話題の和洋菓子店も同じく、地元住民の他に国内外の旅行客が購入しやすいよう、決済方法への配慮が必要です。

単品で高額となる商品を多く取り扱う量販店も、潜在顧客の取りこぼしを防ぐためにクレジット決済は欠かせません。

上記のような実店舗での利用の他、クレジット決済はすべてのECショップと相性が良いと言っても過言ではありません。

中でも海外発送や予約商品の受注も取り扱っているショップは、クレジット決済のメリットを最大限活かせるでしょう。

海外でも予約商品でも注文や商品発送と同時に決済できるため、未回収リスクのトラブルを心配せずに販売できます。

まとめ

キャッシュレス決済を導入するのであれば、最も人気のクレジット決済を検討してはいかがでしょうか。

審査に通過する必要がありますが、導入できれば国内外のユーザーを多く取り込むことができます。

ただし、決済代行サービス会社ごとに取り扱いカードブランドの種類や数が異なるため、契約する会社は客層に合ったものを選ぶよう注意してください。

タイトルとURLをコピーしました