【店舗決済向け】決済手数料が安い! おすすめの決済代行会社5選

【店舗決済向け】 決済手数料が安い! おすすめの決済代行会社5選 目的別決済代行サービスランキング

キャッシュレス決済を導入する時に会社選びを失敗すると、思わぬ高額な手数料や初期費用、月額コストに悩まされることとなります。

決済手数料が安いことを大前提に、他の目的も考慮すると、当サイトでのおすすめは以下のとおりです。

  • 「とりあえずキャッシュレス導入」ならすべて無料のPayPay
  • ECサイトやネット予約も取り入れるならSTORES 決済
  • 多くの決済方法を一括で導入したいときはAir PAY

申し込む時期によっては各サービスで独自のキャンペーンを開催している場合もあるため、お得に導入したい方はこまめに公式サイトを確認しましょう。

ここでは決済手数料の安さに注目して、おすすめの決済代行会社5社を紹介します。

>>すぐにランキングを見る<<

店舗向け決済代行サービス会社の手数料ランキング

店頭での対面決済向けサービスのみを取り扱っている決済代行サービス会社の中から、手数料の安さ順にランキングした結果をご紹介します。

手数料が同額となっているサービス会社については、その他の費用(月額固定費や端末代、初期費用など)で順位を決定しています。

サービス名 PayPay メルペイ はまPay Air PAY STORES決済
企業名 PayPay株式会社 株式会社メルペイ 横浜銀行 株式会社リクルートライフスタイル ヘイ株式会社
(旧:コイニー株式会社)
手数料 無料 2.6% 2.0%
※申込先によって変動する場合あり
3.24%~3.74% 3.24%~3.74%
備考 2021年9月30日まで
※以降は契約内容によっては無料
※ゆうちょPay・銀行Payと互換あり 旧サービス名:Coiney(コイニー)

店舗向け決済代行サービス各社の特徴

上記の表のとおり、1位のPayPay以外は決済手数料が有料となっています。(メルペイは2021年9月30日までd払いのみ無料キャンペーンあり)

決済代行サービスを料金面で比較するときに注意しなければならない点が、すべての会社が単独契約で同じキャッシュレス決済を導入できるわけではないことです。

利便性を重視すると他社サービスと併用しなければならず、月額料金などでかえって高くなる場合もあるため、慎重に比較しましょう。

ここでは決済代行サービス会社ごとに、それぞれの特徴や順位の理由について、メリット・デメリットとともに解説します。

PayPay

決済手数料の安さで他社に大きく差を見せているのが、PayPayです。

利用できる決済方法はPayPayとAliPayに限られているにも関わらず、クレジットカードを持たない層も手軽に利用できることで、幅広い年齢層から愛されています。

リリース当初はセキュリティ関連のトラブルが生じましたが、現在は高レベルのセキュリティを導入しており、不正利用対策も可能です。

  • 決済手数料…無料(2021年9月30日まで)%
  • 月額費用…無料
  • 振込手数料…登録銀行口座・入金サイクルによる(PayPay銀行は無料)

■メリット

  • 専用端末を購入する必要がない
  • 操作が手軽でスタッフが覚えやすい
  • キャンペーンが多く集客しやすい
  • PayPay銀行ユーザーはお得に利用できる
  • クレジットカードよりも国内で有名のサービス

■デメリット

  • クレジットカードなどの決済に対応できない
  • AliPayは別途申し込みが必要
  • 残高不足でレジが混むことがある

PayPayは、決済手数料が2021年9月30日まで無料です。

10月1日からは有料予定となっていますが、6月時点では詳細が発表されていません。

公式サイトによると「キャッシュレス決済と言われて思い浮かべるサービス」として、クレジットカードを抜いてPayPayが1位となっています。

PayPay銀行(旧:ジャパンネット銀行)を売上金の入金先口座に登録しておくと、当日の売上が翌営業日に無料で振り込まれる点も魅力的です。

一方で事前に残高をチャージしておいてもらう必要があり、万が一会計時に残高不足が生じると、レジのオペレーションに影響が出るなどのデメリットもあります。

メルペイ

メルペイは人気フリマアプリの運営会社が提供する、独自のQRコード決済です。

PayPayと同じくクレジットカードを持たない層も手軽に利用できる点が人気で、近年はd払いとの提携にともなうキャンペーンが積極的に行われています。

  • 決済手数料…2.6%%
  • 月額費用…無料
  • 振込手数料…1万円未満は1回ごとに200円

■メリット

  • メルカリユーザーやドコモユーザーに訴求できる
  • d払いは決済手数料が実質無料(2021年9月30日まで)
  • 端末を購入する必要がない
  • キャンペーンで集客をサポートしてくれる

■デメリット

  • メルペイ・d払い(iD)しか利用できない
  • 将来手数料が値上がりする可能性がある
  • 売上によっては振込手数料が生じる

メルペイはPayPayのように海外企業と提携していないため、AliPayなどインバウンド向けのキャッシュレス決済は導入できません。

しかしユーザーはメルカリの売上などクレジットカード以外での残高チャージもできることから、国内の顧客であれば幅広い年齢層に訴求できます。

d払いとの提携にともない、手数料実質無料やポイント還元など数多くのキャンペーンを積極的に行っているため、今後ますます集客が期待できるでしょう。

一方で、d払い導入時に決済手数料が1.5%から2.6%へ値上がりした実例があり、将来的に同様のことが起こる可能性があります。

そのため手数料が安いことのみを重視しているのであれば、PayPayの2021年10月1日以降の手数料情報も確認したうえで両社を比較検討することをおすすめします。

はまPay

横浜銀行と取引がある方は、はまPayの導入も検討してはいかがでしょうか。

銀行の実店舗窓口で導入相談からできるため、契約にあたっての疑問や不安を解消したうえで申し込めます。

  • 決済手数料…2.0%
  • 月額費用…無料
  • 振込手数料…非開示

■メリット

  • 横浜銀行による運営で安心して利用できる
  • ゆうちょPay・銀行Payユーザーにも訴求できる
  • 専用アプリで初期費用を抑えられる
  • アプリ内でキャンペーン告知できる

■デメリット

  • 操作が複雑でスタッフに浸透しにくい
  • ユーザー向けアプリの評価が高くない
  • あえて選ぶメリットが少ない

はまPayは、ゆうちょ銀行や銀行Payと互換性があるため、これらのサービスを利用しているユーザー層も取り込むことができる点がメリットです。

しかし前述のPayPayやメルペイと比べると、はまPay・ゆうちょPay・銀行Payは知名度が高いとは言えず、あえてはまPayを選ぶメリットは少ないと言えます。

決済手数料が安いとはいえ、ユーザーの幅広さや知名度を考慮すると、はまPayのおすすめ度は高くありません。

ただし、はまPayを導入するにあたって横浜銀行のキャッシュレス決済に関するサポートサービスを契約することができ、クレジットカード決済の導入も相談できます。

横浜銀行と取引がある方で、他のキャッシュレス決済サービスもあわせて導入相談する予定がある方は、はまPayを検討しても良いでしょう。

Air PAY(エアペイ)

一度に多くの決済方法を導入したい方に最適なのが、Air PAYです。

大手リクルートグループが提供する決済代行サービスで、クレジットカードや交通系ICカードの他、一部の電子マネーやQRコード決済、キャリア決済にも対応しています。

手数料率で見るとSTORESと同等ですが、Air PAYは対応決済方法の豊富さ、ポイントサービスへの対応力で抜きん出ています。

  • 決済手数料…3.24%~3.74%/li>
  • 月額費用…無料
  • 振込手数料…無料

■メリット

  • 一度にさまざまな決済方法が導入できる
  • PayPay・LINE Pay・AlipayなどQRコード決済も可能
  • TポイントやWAONなどポイント導入も可能
  • 専用カードリーダーが無料貸与
  • キャンペーン利用でiPadも無料貸与

■デメリット

  • レシート発行にはプリンター購入が必要
  • Android端末やパソコンでは利用できない
  • QRコード決済・ポイントサービスは後日申し込みが必要
  • ゆうちょ銀行口座が使えない

Air PAYは決済手数料の安さを重視するとランキング4位となりますが、おすすめ度は第1位です。

クレジットカードや電子マネーの他にQRコード決済にも対応しているため、たとえばPayPayやd払い、auPAYをそれぞれ単独で申し込む必要がありません。

ただし、QRコード決済も利用するには最初に同時申し込みする必要があり、忘れると後日改めて申し込まなくてはなりません。

ポイントサービスも審査通過後に案内されてから契約となるため、場合によっては決済代行サービスと同時に導入できない可能性もあります。

申込時の手間を乗り越えれば、一社との契約であらゆる決済サービスを導入でき、非常に便利かつ集客力が期待できる点は魅力的です。

Androidやパソコンに非対応であったり、ゆうちょ銀行口座への売上金振り込みは不可であったりと、一部制限がありますが、手数料の安さとサービスの幅広さを重視する方にはAir PAYがおすすめです。

注意点として、クレジットカード決済は一括払いのみ対応となっているため、高額商品を取り扱う店舗の場合は会計時に顧客への事前確認が必要です。

STORES(ストアーズ)決済

一度に複数種類の決済方法を導入したいのであれば、Air PAYの他にSTORES決済もおすすめです。

専用の端末(カードリーダー)を購入する必要がありますが、こまめに実質無料キャンペーンを行っているため、タイミング次第で初期費用を大幅に抑えることができます。

  • 決済手数料…3.24%~3.74%%
  • 月額費用…無料
  • 振込手数料…10万円以上で無料

■メリット

  • オンラインショップも無料で作れる
  • ネット予約システムも無料で利用できる
  • 売上金の入金サイクルが選べる
  • 2回払い・リボ払いにも対応できる
  • スタッフアカウント作成で権限制限ができる

■デメリット

  • 専用端末の購入が必要(キャンペーンで無料化あり)
  • 最初にレジやシステムとの連携操作が必要
  • 売上金10万円以下は振込手数料が生じる

STORES決済はキャッシュレス決済の他にオンラインショップサイトやネット予約システムも無料で利用できるため、オンラインも併用したい場合は複数の会社と契約する手間やコストを軽減できます。

ただし最初に専用端末の購入やレジ・POSシステムなどと端末を紐づける操作が必要となり、人によっては「手軽に導入できない」と感じる可能性があります。

24時間利用できるメール相談サービスなど加盟店のサポートサービスが充実しているため、不安な方はこまめに質問や相談しながら導入作業を進めましょう。

利用者の声がサービスに反映されやすく、たとえば売上金の入金サイクルが3種類(月1回・都度払い・手動で申し込む)から選べるようになりました。

10万円以下は振込手数料が生じる仕組みですが、月1回や手動による入金を選ぶと手数料が生じにくくなります。

Air PAYに比べると利用できる決済方法は減りますが、1位~3位よりも豊富な選択肢がある分、使い勝手の良さは十分です。

決済手数料に加えて導入できる決済方法の数も重視するのであれば、Air PAYとSTORES決済を比較検討することをおすすめします。

手数料はPayPayが最も安い!決済方法も増やしたいならAir PAY!

ここで再度比較表を見てみましょう。

サービス名 PayPay メルペイ はまPay Air PAY STORES 決済
企業名 PayPay株式会社 株式会社メルペイ 横浜銀行 株式会社リクルートライフスタイル ヘイ株式会社
(旧:コイニー株式会社)
手数料 無料 2.6% 2.0%
※申込先によって変動する場合あり
3.24%~3.74% 3.24%~3.74%
備考 2021年9月30日まで
※以降は契約内容によっては無料
※ゆうちょPay・銀行Payと互換あり 旧サービス名:Coiney(コイニー)

手数料の安さのみ見ると、2021年9月30日まで無料となっているPayPayがダントツ1位です。

ただし、決済方法がPayPayや海外キャッシュレス(AliPayやKakaoPay)の2タイプと限られるため、PayPayを利用していない日本人顧客に対する集客効果は期待できません。

他社の決済代行サービスを利用しつつPayPayも導入したいと考える方か、クレジットカードを持たない若者向けの商品を取り扱っている店舗に向いています。

2位のメルペイも決済手数料のみを見ると2.6%と比較的安価ですが、メルペイ・d払いにしか対応してないため、単独利用はおすすめしません。

3位は決済手数料のみを見ると横浜銀行のはまPayですが、1回の契約でさまざまな決済方法を導入したい方は、4位のAir PAYや5位のSTORES 決済がおすすめです。

Air PAYとSTORES 決済の決済手数料自体は大半の代行会社と同等ですが、利便性の高さで群を抜いています。

4位のAir PAYはクレジットカードに加え、電子マネーやQRコード決済(海外サービス含む)、4社の共通ポイントにも対応している高い汎用性が魅力です。

5位のSTORES 決済は決済手数料はAir PAYと同等で、クレジットカードや交通系電子マネー、WeChat payの決済に加え、無料のネットショップやネット予約サイトが利用できます。

  • 「とりあえずキャッシュレス導入」ならすべて無料のPayPay
  • ほとんどの決済方法を導入したいならAir PAY
  • ネットショップやネット予約に力を入れたいならSTORES 決済

これまでの各サービスの特徴を含めて、決済手数料の安さ以外にも注目すると、おすすめの3社は上記のとおりです。

PayPayもさまざまなショッピングカートやECサイトと順次提携しているため、リアル店舗・オンラインの両方を運営している方は、PayPayとSTORESを比較してはいかがでしょうか。

まとめ

決済手数料のみを重視する方は、上位3社(PayPay・メルペイ・はまPay)がおすすめです。

対応できる決済方法の多さや汎用性の高さなど、決済手数料以外も含めた総合的なコスパの高さを求める方は、4位のAir PAYや5位のSTORES 決済のほうがお得となります。

傾向で言えば、1位~3位は追加で契約する場合に、4位~5位は一括で幅広いサービスを導入したい場合に向いています。

ここでは決済手数料の安さを優先してランキングをご紹介しましたが、実際に導入する場合は客層や使い勝手の良さも考慮して慎重に選びましょう。

>>もう一度ランキングを見る<<

タイトルとURLをコピーしました