電子マネー決済を導入するべき業態・導入するメリットをまとめました

電子マネー決済 決済代行サービスの豆知識

電子マネーはお店で専用のカードを購入したり、ATMなどで現金をチャージすることで利用できる無形の貨幣です。

年齢問わず使用できるサービスが多く、導入する店舗側も簡単な手続きで取り扱えるようになるため、以下のような要望を持つ方に最適です。

  • 初期費用を抑えたい
  • 一度に複数タイプの決済方法を導入したい
  • 子供も大人もターゲットにしたい

初期費用を端末購入代金のみとしている会社もあるため、大掛かりな工事やシステム構築費用がかかりません。

nanacoやSuica、iDなど電子マネーには種類があり、ユーザー層の幅が広いうえ契約する会社によっては、一括で複数の電子マネーを導入できるメリットもあります。

ここでは電子マネー決済のメリットやデメリット、導入に最適な業種についてご紹介します。

決済代行サービスランキング

電子マネー決済を使った際のメリットとは

電子マネーは、nanacoやiD、QUICPayなど無形タイプの貨幣をさし、近年はSuicaなど交通系ICカードの電子マネーも店頭で利用できるようになりました。

使用するには専用のICカードやアプリに現金をチャージする必要がありますが、コンビニやATM、駅の切符自動販売機など身近な場所で即座にチャージ可能です。

利用するほどポイントが還元される電子マネーもあり、ユーザーにとって魅力の高い決済方法のひとつですが、店舗側にも以下のようなメリットが期待できます。

  • 会計スピードのアップ
  • 客単価のアップ
  • 見込み客を逃さない
  • レジ周りをスッキリ

電子マネー決済は、読み取り用の端末を利用して決済するため、支払い時のさまざまなフロー(現金やお釣りを数える・出し入れするなど)を省略することができます。

会計スピードがアップする他、現金の持ち合わせがないときに現金代わりとして利用できるため、客単価のアップにもつながります。

クレジットカードのような審査なくカードが作成できる特徴を持っており、クレジットカードを持たない層の取り込みなど見込み客へのアプローチも可能です。

さらに、電子マネーはポイント制度が充実しているのも魅力のひとつです。

楽天Edyのようにポイントを残高としてチャージできるタイプのサービスなら、ポイントアップキャンペーンに合わせて販促を打ち出すこともできるでしょう。

電子マネー決済用の端末は多くが手のひらサイズ程度の大きさのため、卓上を圧迫することなく、店舗イメージを崩さず電子マネー対応できるようになります。

会計スピードをアップする方法は自動レジやセルフレジの導入もありますが、莫大な初期費用がかかるため、手軽に始められる電子マネー決済のほうが魅力的です。

電子マネー決済を使うことによるデメリットはある?

Suicaのように利用頻度の高い交通系ICカードはユーザー数が多く、決済手段としての利用も期待できます。

一方、その利便性の高さゆえに、以下のような点にデメリットを感じる顧客やスタッフがいます。

  • システムトラブルのリスクがある
  • チャージ非対応の決済代行サービスが多い
  • 現金が手元に残らない

オンライン管理のため、決済システム自体がいつシステムトラブルに巻き込まれるか分かりません。

一度システムトラブルになると半日~数日間、サービスを利用できないため、売買チャンスを逃すことがあります。

また、電子マネーはチャージしなければ利用できませんが、電子マネー決済を提供している決済代行サービス会社の多くがチャージには非対応です。

コンビニやATMなどでチャージしなければならず、顧客が電子マネーの残高を気にせず利用できる環境とは言えません。

その他、小規模経営の店舗や個人経営のお店で懸念されるのが、現金が手元に残らない点です。

少額から手軽に利用できる一方、いくら販売しても現金が手元に残らないため、急な仕入れなどで現金が必要なときや、釣り銭用の小銭が必要なときに困る可能性があります。

電子マネー決済を導入したほうがいいのは若年層向けのお店

電子マネー決済は、年齢的にクレジットカードを作ることができない顧客でも簡単な手続きで利用できる決済方法です。

近年はキャッシュレス決済向けの特典やポイント優遇のために、若年層でも利用する人が増えてきました。

特に交通系ICカードは子ども用Suicaなど小学生向けのカード発行サービスがあるため、子供向けサービスを提供している店舗でも一定の利用が見込めます。

年齢問わず利用できる電子マネー決済の導入をおすすめするお店は、たとえば以下のようなものがあげられます。

  • バッティングセンターなどの施設
  • 学生が多いエリアの飲食店
  • イベント会場への出張が多いお店
  • 若者向けのキッチンカー

20代や30代はもちろん、中高生や小学生も幅広くターゲットにできる点が電子マネー決済最大の特徴です。

現金をチャージして使用するため、スマホのキャリア決済のようにフィルター機能で保護者から利用を制限されることもありません。

子供が多く利用するバッティングセンターやオートテニスなどのスポーツ施設、学生の多いエリアで営業する飲食店などは、交通系電子マネーとの相性が抜群です。

電子マネー決済サービスを提供する会社によっては、屋外での利用が可能な点も活用すべきポイントです。

フリーマーケットやB級グルメ祭りのような、イベント会場への出張が多いお店も電子マネー決済が向いています。

他にもクレープ屋やハンバーガー屋など、若者向けメニューを取り扱うキッチンカーにもおすすめです。

屋外で決済できるタイプはスマホの通信機能を利用している場合が多く、電波状況さえ問題なければ環境を選ばずに決済対応できます。

まとめ

交通系ICカードのように小学生も利用できるサービスが多い電子マネー決済は、幅広い世代の集客が期待できます。

手軽にキャッシュレス決済を導入したいお店なら、どのような業態でも相性が良い決済方法ですが、おすすめは子供や若年層の利用客が多いお店です。

キッチンカーなど若者がメインターゲットととなるお店でキャッシュレス決済導入を検討している経営者の方は、まずは電子マネー決済から試してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました