カードリーダー決済を導入するべき業態・導入するメリットをまとめました

カードリーダー 決済代行サービスの豆知識

クレジットカード決済をメインとするカードリーダー決済ですが、サービス提供会社によっては電子マネーやキャリア決済などにも対応しています。

小型の端末が主流で持ち運びしやすく、以下のような要望を持つ方におすすめの決済方法です。

  • 初期費用を抑えたい
  • 大掛かりな工事をせず複数の決済に対応したい
  • アプリで手軽に操作したい

その他、カードリーダー決済のメリットやデメリット、導入に最適な業態はどのようなお店かについてご紹介します。

決済代行サービスランキング

カードリーダー決済を使った際のメリットとは

クレジットカード決済を手軽に導入できる方法が、各決済代行サービス会社が提供するカードリーダー決済です。

専用のカードリーダーでクレジットカードをスキャンして決済するもので、以下のようなメリットがあげられます。

  • レジシステムと連携しやすい
  • 端末購入のみで始められる
  • 複数の決済方法を一括導入できる
  • 海外の決済にも対応できる
  • サービスによっては屋外利用ができる

カードリーダーを提供している決済代行サービス会社の中には、レジシステムのサービス展開も行っている会社があり、レジ機能とまとめて導入することが可能です。

パソコンやタブレット、スマホなどのアプリで手軽に連携でき、既にレジシステムを有している場合は、カード会社の審査通過後にカードリーダー端末を購入するのみで始められます。

近年はカードリーダーと言っても多機能なタイプが多く、クレジットカードの他に電子マネーや交通系ICカードなど複数の決済方法に対応している端末もあります。

中にはQRコード決済に対応しているカードリーダーもあり、一度に複数の決済方法を導入できるのは、最大のメリットです。

契約する決済代行サービス会社によりますが、海外の決済方法(銀聯カードやAliPay、WeChatPayなど)にも対応できます。

カードリーダーはさまざまなタイプが開発されており、Wi-FiやBluetooth、有線LANなど接続方法・通信方法も異なります。

端末によっては屋外利用が可能なため、イベント会場や出張サービス先など、実店鋪以外の場所で利用できます。

カードリーダー決済を使うことによるデメリットはある?

一度に多くの決済方法を導入できるカードリーダー決済は、集客率や客単価アップを狙う店舗に最適なサービスです。

しかし、申し込む決済代行サービス会社によっては、以下のようなデメリットがあげられるため、契約する決済代行サービス会社は慎重に選ばなくてはなりません。

  • 対応OSが限られている場合がある
  • 専用アプリのダウンロードが必要な場合がある
  • 端末購入費が高いものがある
  • 導入まで時間がかかる
  • サービス会社ごとに対応カードが異なる

パソコン管理タイプや単独タイプもありますが、近年手軽に導入できるものの多くがタブレットやスマホとの連携で利用するカードリーダー決済です。

売上管理の他に決済システムとして利用する必要があり、端末と専用アプリのダウンロードは必須です。

中にはiOSのみ対応のカードリーダーも存在するため、Android端末を使用している方は、Square(スクエア)などiOSとAndroidの両方に対応しているサービスを検討しましょう。

利便性の高いカードリーダー決済ですが、肝心のカードリーダーの購入代金が導入時の大きな負担となる場合もあります。

1万円未満で購入できる場合もあれば8万円以上の端末購入を求められる場合もあるため、初期費用を抑えたい方は、安価なものやキャンペーン利用で無料貸与してくれる決済代行サービス会社を選びましょう。

また、クレジットカード決済の導入時は共通して言えることですが、決済代行サービス会社と各カード会社の2段階審査があり、導入まで2週間~1か月かかるのが一般的です。

決済代行サービス会社ごとに対応可能なカードブランドにも差があり、銀聯カードのようにインバウンド対策も検討している場合は慎重にサービス会社を選ばなくてはなりません。

カードリーダー決済を導入したほうがいいのは個人経営のお店

大手チェーン店の場合は、カード決済機能つきのPOSレジを一括導入するため、カードリーダー決済を単独で導入するケースは多くありません。

POSレジは対応している決済方法が多彩なうえ、売上管理や現金管理なども同時にできて非常に魅力的ですが、いざ導入しようと思うと20万円前後の本体料金が負担となります。

高額な本体を購入し、更に毎月一定の管理手数料を支払わなければならず、大手チェーンでなければ導入が難しいサービスです。

対して、カードリーダー決済は初期費用や月額利用料を抑えられるため、以下のようなタイプのお店におすすめです。

  • 店舗数が少ない小規模経営の店
  • 本店のみの個人経営店
  • 店内スペースが狭い小型店舗
  • 副業など少額売上の店
  • 間借り経営の飲食店

高額のPOSレジを一括導入することが難しい数店舗展開の小規模経営店や、個人経営の店でも、初期費用をかけずにキャッシュレス対応できるのは大きなメリットです。

カードリーダー決済の多くは決済管理システムとしてスマホやタブレットを利用するため、レジ周辺がコンパクトに収まります。

決済に使用するカードリーダー端末自体も、大型サイズでもタブレット程度の大きさのため、カウンターのみのラーメン店などスペースが限られている極狭店にも最適です。

月額利用料が安価もしくは無料の決済代行サービス会社が多く、副業や趣味程度で経営している少額売上の店でも、手数料を気にせず導入できます。

近年オーナー数が増えつつある、間借り営業(シェアレストラン)の経営にもおすすめです。

店舗スペースは借りられても、レジは借りられない場合があるため、手軽に端末を持ち込んでキャッシュレス対応できるカードリーダー決済は、業態との相性抜群です。

まとめ

カードリーダー決済は、契約する決済代行サービス会社によって利用できるカードブランドや決済方法に差があります。

そのため導入するときは、慎重に対応可能な決済方法を比較することが重要です。

スマホやタブレットで決済管理ができることから、大掛かりなレジスターを導入したくない方や、初期費用・月額費用を抑えたい方におすすめの決済方法です。

タイトルとURLをコピーしました