ビーアールペイメントを使う前に気になる「手数料」や「料金」、「審査の厳しさ」・「評判」を調べました

決済代行サービスの評判・口コミ

ビーアールペイメント(BRpayment)は、一度に多種多様な決済方法を導入したい方に向いています。

とくに以下のような方におすすめです。

  • 高額商品を取り扱っている
  • 口座振替の未回収リスクを減らしたい
  • 月額利用料を抑えたい

取り扱い可能な決済方法や手数料など、詳しい情報は公式サイトを確認してください。

ここでは利用者による口コミ情報を元にした評判や、ビーアールペイメント(BRpayment)の特徴についてご紹介しています。

決済代行サービスランキング

ビーアールペイメントの情報まとめ

会社名 ビジネスラリアート株式会社
サービス名 ビーアールペイメント
対応環境(オンライン決済・店舗決済など) オンライン決済

決済手段(クレカ・コンビニ・口座振替・後払い) クレジットカード
・VISA
・Mastercard
・JCB
・アメリカン エキスプレス
・Discover Card
・MUFG CARD(UFJ Card)
・DC CARD
・NICOSカード
・TS CUBIC CARD
・UCカード
・セゾンカード

コンビニ決済

キャリア決済(docomoのみ)

銀行振込

口座振替

電子マネー
・楽天Edy
・WebMoney
・BitCash

国際決済
・Alipay(支付宝)
・PayPal

手数料 非開示
引き落とし日(何日〆何日支払いか) 毎月15日〆の翌月20日払い
申込時に必要な書類 ・申し込み書(捺印済)
・同意書(署名・捺印済)
・その他必要書類

審査にかかる時間 約1か月~1.5か月
無料トライアルの有無
無料プランの有無
モバイルでの利用可否
他社よりも優れている点 ・ショッピングカートと連携
・カード引き落としできなかった場合も2か月間は立て替え
・システム開発も依頼できる

ビーアールペイメントは使いやすい? 端末を買わなくてもアプリで使える?

ビーアールペイメント(BRpayment)は、クレジットカードや電子マネーなど、幅広い決済方法を導入できる決済代行サービスです。

オンラインショップでの利用を前提としているため、カードリーダーなどの専用端末やアプリを用意する必要はありません。(店舗用サービスのBRsmartshotは端末・アプリが必要)

サービスの特徴は、以下のとおりです。

  • Alipay(支付宝)・PayPalが導入できる
  • コンビニ決済のみの導入も可能
  • 口座振替の督促業務も代行してくれる
  • 引き落としできなかった分は立替可能(2か月分まで)

インターネット上での決済にAlipay(支付宝)やPayPalを導入できるため、海外発送ありのオンラインショップを運営している方におすすめです。

他社サービスの中には「クレジットカード決済の導入は必須、他の決済方法は自由に選んで良い」というルールを設けているところもありますが、ビーアールペイメントにはありません。

「コンビニ決済のみ導入したい」「銀行振込のみ利用したい」など、余計なサービスを導入することなく自社に合った決済方法のみを導入できます。

口座振替サービスを利用した場合は、万が一の未回収時に督促代行をしてくれるうえ、最大2か月まで立替えてくれるサービスも魅力的です。

請求にかける時間を短縮したい方や、督促業務を外注したい方は、ビーアールペイメントを検討してみてはいかがでしょうか。

ビーアールペイメントの手数料はいくら? 他社よりも高い?

ビーアールペイメントの決済手数料は、利用するサービスごとに細かく設定されています。
それぞれの決済手数料は、以下のとおりです。

  • クレジットカード…4.5%~(最低手数料100円)
  • コンビニ決済…4.5%~(最低手数料250円)
  • 銀行振込…非公開
  • 電子マネー…個別見積もり
  • 口座振替…300円(1,000会員以上は別途見積もり)

公式サイトによると、銀行振込については表記なし、電子マネーについては個別見積もりとなっています。

クレジットカードやコンビニ決済は基本の決済手数料の他に1件ごとの最低手数料が設定されている点に注意してください。

顧客単価が安い方は、最低手数料の存在によって他社サービスよりも高い決済手数料を支払う可能性があります。

ビーアールペイメントは導入する決済方法を選べるため、気になる方はクレジットカードやコンビニ決済のみ最低手数料の設定がない他社サービスを併用するのも良いでしょう。

ビーアールペイメントは手数料以外に月額利用料はかかる?

ビーアールペイメントの決済代行サービスを利用するには、決済手数料の他に月額利用料なども支払う必要があります。

ただし、基本的に月額利用料は無料です。(非公開の銀行振込・電子マネーは要問合せ)

毎月の売上が10万円未満の方のみ、月額利用料5,000円が生じます。

他には導入時の初回費用として15,000円発生する他、導入サービスによっては別途申請費用が発生することがあります。

申請費用に関しては非公開となっているため、公式サイトより直接見積もり依頼を出さなくてはなりません。

ビーアールペイメントを登録する際の審査は厳しい?

ビーアールペイメントは個人事業主による利用も可能としているため、少なくとも事業規模や法人・個人の違いを理由に審査で落とされる心配はないでしょう。

ただし手数料の項目で解説したとおり、客単価が低い方は決済手数料等が高くつく可能性があります。

ビーアールペイメントの審査は、会社を通して各決済事業会社での審査を受ける仕組みです。

そのため直接各カード会社に申し込みした場合と同様の審査基準が適用されることとなり、特別厳しいとも緩いとも言えない状態です。

取り扱い商品やサービスによってはビーアールペイメントで申し込み自体を拒否されたり、仮に申し込みできても各決済事業会社の審査で落とされたりすることがあります。

特にデジタルコンテンツを取り扱っている企業は、申込みはできても審査で落ちるケースがまれにあるため、提出書類の書き方に注意してください。

心配な場合は、事前に営業担当者へ書類の書き方を相談してみましょう。

ビーアールペイメントの評判は良い? 悪い口コミはない?

決済方法が豊富なビーアールペイメントですが、実際の使い勝手は良いのかが気になるところです。

すでに導入している企業や事業主の口コミ情報を調べてみたところ、評判は良いことが分かりました。

実際にブログやSNSなどで見つかる口コミは、以下のとおりです。

良い口コミ

  • 提携しているカード会社が豊富
  • 大口注文が取りやすくなった
  • 月額の固定費が無料なので使いやすい
  • セキュリティがしっかりしている

悪い口コミ

  • なし

取り扱い可能なカード会社の数が多いことが大きく評価されており、決済方法が豊富なことで大口注文を取りやすくなったという方もいました。

多くの個人事業主には、月額利用料が基本的に無料で済む点が喜ばれています。

また、カード情報はビーアールペイメントが保持するためリピーターは毎回入力する手間がないうえ、契約者にとっても情報漏えいのリスクを軽減できる点も魅力です。

悪い口コミは見つからず、あえてあげるとすればシステム障害がまれに起こることですが、いずれも2~3時間程度で復旧しています。

まとめ

ビーアールペイメント(BRpayment)は、クレジットカードの他にも電子マネーなどさまざまな決済方法を一括導入できる点が人気の決済代行サービスです。

店舗用にも同じく低コストで導入できるBRsmartshotがあるため、実店舗とオンラインショップの両方を持つ方も一社ですべて契約できる手軽さがあります。

基本的に決済手数料等も安く済みますが、最低手数料が設定されていることから、客単価の低い方は注意が必要です。

気になる方はSquareなど最低手数料のない決済代行サービスの併用も検討してはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました