用語集glossary

One to One マーケティングとは、顧客1人ひとりの属性や趣味嗜好、行動に合わせて行うマーケティング活動のことです。

これまでは、テレビCMや新聞広告といったマスメディアを活用して画一的なメッセージを伝えて消費者にアプローチするマス・マーケティングが一般的なマーケティング手法でした。しかし、ご存知の通り今日では消費者のニーズが多様化しており、従来のマス・マーケティングによって顧客を獲得することが難しくなりました。

こうしたなかで、主にウェブ領域のテクノロジーが進歩したことで、CookieやIPアドレスを用いて顧客1人ひとりのウェブ上での行動を分析したり、CRMやDMPなどを用いてオンライン/オフラインの顧客情報を統合管理したりできるようになったことで、顧客1人ひとりをより精緻に分析できるようになりました。こうしたなかで、分析結果をもとに各顧客に最適化したアプローチを実行するOne to Oneマーケティングが注目を集めるようになったのです。

とはいえ、各顧客に最適化したアプローチを実行するとなるとかなりの手間がかかってしまいます。そのためOne to Oneマーケティングの実践にあたっては、マーケティングオートメーションツールやCRMツールなどを駆使して、メルマガ配信や広告配信といったアプローチを自動化するのが一般的です。