用語集glossary

インバウンドマーケティングとは、見込み客側からの能動的なアクション(商品購入、会員登録、問い合わせなど)を喚起することを目的としたマーケティング手法です。これまで、主たるマーケティング手法はアウトバウンドマーケティングでした。アウトバウンドマーケティングは、テレマーケティングやテレビCM、新聞広告などを用いて企業側が促す形で見込み顧客のアクションを喚起するマーケティング手法です。一方で、インバウンドマーケティングでは見込み顧客自身が必要とする情報を収集したり、アクションを起こしたりできるように次のような施策を講じます。

・オウンドメディアでのSEOコンテンツ配信
・会員向けのメルマガ配信
・ホワイトペーパーや調査資料の提供
など

なお、アウトバウンドマーケティングで獲得した顧客よりも、
インバウンドマーケティングで獲得した見込み顧客の方がその後の成約やリピート購入などにつながりやすい
と言われています。インバウンドマーケティングで獲得した見込み顧客は、企業側からの売り込みではなく自らの意思でアクションを起こしているからです。