失敗しないマイホームの購入計画教えます!

ネクストアドライター1

マイホームを購入したいと思ったら、まず住宅展示場やオープンルームに足を運ぶ人がほとんどです。中には、見学した物件に一目ぼれして、その日のうちに契約してしまう人もいます。しかし、人生最大の買い物であるマイホームを、このように簡単に購入して良いものでしょうか?

実は、きちんと購入計画を立てずに大変な後悔をする人が意外とたくさんいます。後悔だけならまだしも、せっかく購入したマイホームを手放したり、果ては家庭が崩壊したりなどという例も少なくありません。

ここでは、そんな先輩たちの事例から、失敗しないマイホーム購入計画の立て方を学んでいきましょう。

マイホームにふさわしい物件の種類は?

事例1:郊外に戸建を購入したAさん
仕事が忙しく維持・管理に手が回らなかった結果、せっかくのマイホームはボロボロに。

戸建かマンションか、新築か中古か

戸建は土地・建物すべて自分のものになります。その代わり維持・管理もすべて自分でやらなければなりません。マンションは戸建に比べ好立地にある一方、同じマンションの住民に気を使う場面が多々あります。

戸建とマンションはさらに、新築・中古にわかれます。中古物件は新築に比べて割安の傾向にありますが、リフォームなどで大掛かりな出費が必要になることがあるので注意しましょう。

Aさんの失敗~暮らし方にふさわしいのはどちら?

Aさんの場合、維持・管理に手間のかかる戸建よりも、通勤時間が短くなる駅近のマンションの方がふさわしかったと言えます。まずは、それぞれのメリット・デメリットをよく知り、どの物件が自分の暮らし方に合っているか、しっかりと検討することが大切です。

自分にピッタリな暮らし方から優先順位を考える

事例2:都心のタワーマンションを購入したBさん
子どもが2人生まれて部屋が手狭になってしまい、ローンの残ったマイホームを引っ越すことに。

自分にピッタリの物件を見つけよう

 
まずはマイホームの条件を絞っていきましょう。

・エリア
・立地
・広さ
・間取り
・駐車場や庭などの付帯設備

暮らし方に合わせて優先順位をつけていくと、スムーズに整理できます。例えば、実家の近くに暮らしたい人は、「エリア」が優先順位の一番最初に、大型犬を飼いたい人は、「広さ」「庭などの付帯設備」の優先順位が上がります。

Bさんの失敗~将来を見据えて考えられなかった

Bさんの例で言うと、子どもが2人欲しかったのならば、「エリア」よりも「広さ」や「間取り」を優先すべきでした。失敗しないためには、現在の状況だけでなく、将来どのように暮らしたいかまで含めて、計画的に考えることが必要です。

マイホーム購入の予算を立てよう!

事例3:限度額いっぱいの借り入れでローンを組んだCさん
はじめは順調に返済していたものの、教育費や入院等で出費が重なると、毎月のローン返済が滞り家計は火の車に。

購入予算は月々の返済額で計画

住宅ローンは「いくら借りられるか」ではなく、「月々いくら返せるか」を基準に計画しましょう。月々の返済額の目安は、次のように計算します。

毎月の返済可能額=(1-2-3-4)÷12ヶ月

1=手取り年収
2=住宅費以外の支出
3=住宅を購入した場合の年間維持費
4=教育等、将来に向けた貯蓄

月々の返済額と返済期間が決まれば、無理のない借入可能額がわかります。この借入額と自己資金の合計から、購入時諸費用を引いた額が、購入できるマイホームの価格となります。

Cさんの失敗~ローンを組む前にキャッシュフロー表をつくろう

Cさんは、家計や将来の出費をよく把握しないままローンを組んで、失敗してしまいました。あらかじめ、人生設計に応じたキャッシュフロー表をつくり、毎月の返済可能額を計算できるようにしておきましょう。

まとめ

1.購入する物件の種類を決める
2.優先順位をつけて条件を絞る
3.月々の返済をもとに購入予算を立てる

以上3つのステップを踏んで計画していきましょう。

失敗しないためのポイントは、現在だけでなく、将来の生活状況や環境の変化を視野に入れて購入計画を立てること。マイホーム購入したいと思ったら、ぜひ家族で未来について語り合う時間を持ってください。

コメントは利用できません。