年齢別!化粧品選びで美肌をキープする方法

みなさんは今肌の悩みを抱えていますか?乾燥がひどい、ニキビなどの肌荒れが治らないといったことありますよね。それは年齢とともに肌も変わっていっているからです。

いつまでも同じ化粧水を使っていても肌は退化していくばかり・・・今こそ、あなたの年齢にぴったり合った化粧水を使って肌の手入れを始めてみましょう。

年齢別 肌の状態をチェック

まずは、一般的な年齢別の肌の状態を知りましょう。個人差はありますが、ご自身に近い年齢でチェックしてみてください。

20代の肌の状態は?

20代は肌が若々しくツヤのある状態でいられるときですが、ホルモンもたっぷりと分泌されているために脂っぽくなる傾向にあります。よって、肌のテカリやニキビで悩む人は多いです。しかし、20代も後半に差し掛かると乾燥しやすくなってきます。他の年代と比較してみても20代が一番乾燥すると言われているので、乾燥対策も必要になってきます。このように、20代は前半と後半で肌の状態が大きく変わるという特徴があります。

30代の肌の状態は?

30代は20代に比べると徐々に肌の老化が始まっていきます。20代の頃とは違うなと体が感じているようであれば、同時に肌も同じことを感じているのです。そして、30代では妊娠・出産を迎える人が多いですが、ここで今までとは違う肌の変化を感じる人も多いです。
女性ホルモンのバランスが変化することで、シミが急に増えたり吹き出物が出てきたり・・・と肌トラブルに悩まされることもあります。さらに、仕事や育児、仕事で疲れも溜めがちなりお肌のケアもおろそかになってしまいがちです。

40代の肌の状態は?

30代と比べると40代になると、明らかに肌の老化を感じるようになります。ホルモンバランスが崩れやすいだけでなく、肌の水分量も減っていきます。そのため、以前よりも肌が乾燥すると感じる人も多いです。
肌が乾燥することで、シミやシワ、たるみが出てきます。さらに、ターンオーバーの機能も下がっていくので肌荒れが治りにくい、シミがなかなか薄くならないといった悩みを抱えるようになります。とにかく水分量が減ってしまうというのが40代の肌の特徴といえるでしょう。

20代の肌の手入れ方法と最適な化粧水

肌の状態が左右されやすい20代ですが、一体どんな肌の手入れをしていけばよいのでしょうか?

まずは、基本として保湿と紫外線対策をしていきましょう。紫外線は外だけでなく建物の中にも入ってきます。日焼け止めを塗ること、紫外線をたっぷり浴びた時には保湿もしっかり行いましょう。保湿は年中、毎日必要です。スキンケアにおいても一番大切と言われる保湿ですが、化粧水を選ぶときはセラミドやヒアルロン酸が入っているものを選ぶとより高い保湿効果が期待できます。化粧水の浸透をよくするためにはその日のメイクもしっかり落として洗顔をしてからにしましょう。

30代の肌の手入れ方法と最適な化粧水

30代に入ると20代の頃よりもシミやシワ、そばかすが気になってきます。そこで、保湿は第一ですが、美白成分が含まれている化粧水を使ってみるとよいでしょう。コットンに多めにつけて肌をパックするようにして浸透させていくと、よりシミなどに効き目があります。
30代の化粧水におすすめの成分はビタミンC誘導体、ハイドロキシン、プラセンタ、トラネキサム酸、アルブチンとなっています。これらの成分が入っていて保湿効果のある化粧水を選ぶと、紫外線のダメージを受けやすい30代の肌もケアができるでしょう。

40代の肌の手入れ方法と最適な化粧水

30代よりも40代になるとアンチエイジングに力を入れていく必要があります。若い頃に比べるととにかく肌が乾燥するようになります。女性ホルモンの減少によって乾燥しやすくなっているのでしっかりと保湿をしましょう。
そして、紫外線対策と美白ケアも必須です。日々浴びている紫外線が蓄積されるとシミやシワ、たるみとなって現れてきます。
40代におすすめの化粧水は30代に引き続き、ヒアルロン酸やハイドロキシン、トラネキサム酸といった成分に注目しながら選んでみましょう。

まとめ

年齢別の化粧水の選び方、いかがでしたか?年齢に応じてやるべきスキンケアが少しずつ変わってきます。同時に配合されている成分についても意識してみると、より年代に合ったスキンケアをおこなっていくことができるでしょう。
毎日のスキンケアで肌を若々しく保っていきましょう。

コメントは利用できません。