優秀な人材を見抜く3つのポイント‐人材(元転職エージェント)

転職人事

「即戦力だと判断して採用したのに現場の評価がよくない・・・」という経験のある人事担当者は多いのではないでしょうか?その原因は、そもそも人事として人材を見極める判断ポイントがずれているからなのかもしれません。

今回は採用に関する見極めについて、元転職エージェントの立場から3つの重要なポイントをご紹介いたします。

point1 面談での受け答えで判断する

結論→理由の順で受け答えができる人は良い人材と判断します。

企業の面接とは若干異なりますが、転職エージェンシーでも応募者との面談を行います。当然、面談とは言え深く突っ込んだ質問も行うのですが、そういった質問に対し最初に結論を言い、次に理由を説明するクセが付いているかどうかが1つの判断のポイントとなります。

これは、ビジネスの基本である”報・連・相”のベースとなるスキルです。
「希望する業界はありますか?」という質問に対し、「建設業界です。なぜならば・・・」と回答する人と、「○○に10年勤務して経験があるので・・(中略)・・建設業界を希望します」と回答する人であれば、企業へは前者の回答をする人材を選ぶべきです。

point2 退職理由の説明で判断する

飾らない経歴を素直に言える人は良い人材と判断します。

そもそも、人は誰しも嘘をつきます。退職理由はその最たるもので、誰もが前向きな理由を言いたがります。面接対策本等の弊害とも言えるのでしょうが、「さらなるステップアップのため」とか「培った経験を違うフィールドで活かしたい」とか、歯の浮くようなセリフをみなさんおっしゃいます。

エージェントとの面談は採用面接ではないので、TPOにあわせた判断ができるかどうかを見極めるにはこの退職理由の説明をどう回答するかがひとつのポイントです。

後ろ向きな退職理由でも素直に回答する人は好印象ですし、企業面接時のアドバイスも積極的に行う気持ちになります。また、退職理由に嘘やごまかしがあると、その他の内容にもあるのではないかと思い企業への紹介を躊躇してしまうことにもつながりかねません。

point3 情を動かす言葉が言えるかで判断

面接官の情に訴えることができるのは良い人材と判断します。

ビジネスは個人で完結するものではなく、他人との関わりの中で成果を挙げていくものです。従って、転職エージェントを自分のために動かすことができるかどうか、言い換えればエージェントを感情に訴えかけてでも利用するほどの必死さがあるか否かは大切な見極めポイントになります。

転職エージェントも人間ですし、企業の面接官も人間です。機械相手のマニュアルな受け答えではなく、例えば「氷河期世代で正社員になれずずっと非正規で働いてきましたが、そろそろ正社員になりたいです」と涙ながらに訴えてくる応募者に対しては、その必死さにやはり情が動かされるものです。

付け加えるなら、特に営業職を紹介する場合、顧客の情を動かすというのは営業職としての売れる要素のひとつでもあるため、このような人材は積極的に採用するべきです。

重要なのはビジネススキルの基礎力

業種や職種、あるいは企業によって求められるスキルや人物像は異なります。従ってその時々で自社にとって良い人材の判断基準が異なってきます。

しかし、どれだけ優秀なスキルや経験を持った人材であったとしても最後は基本的なビジネススキルで選考結果や入社後の活躍が左右されることが多いのです。最低限のスキルや経験をクリアしているのであれば、転職エージェントはビジネススキルの基礎力で人材を判断するといっても過言ではないのです。

コメントは利用できません。